日本HPのパソコン生産の流れ

日本HPのパソコンは 受注生産が基本で、注文を受けてから生産を行います。

注文は、インターネットで受け付けています。

そして、わずか5日間という短期間で納品を行います。

流れとしては まず、効率的に作業するための生産計画を立てます。

この工場では24種類もの製品を生産しており、かつ 注文内容によっては CPU,メモリー,ハードディスクなどのカスタマイズも必要になるからです。

そのうえで 必要な部品の在庫確認を行い、初日の作業は終了です。

2日目と3日目は、部品を揃えパソコンを手作業で組み立て→検査を行い→梱包します。

といっても、通常は 2日間もかかりません。デスクトップパソコンであれば3~4時間,ノートパソコンでも6時間程度です。

ただ、法人向けのカスタム設定などを行う場合には さらに時間がかかりますし、生産計画が込み合うこともしばしばあります。そうしたことから、余裕を持って2日間設定されています。

梱包されたパソコンは 出荷待機スペースに一時保管され、4日目の朝に出荷されます。

こうして5日目には、顧客の手元に届けられます。

非常に効率化されているパソコン生産

マザーボード,CPU,メモリー,ハードディスクなど パソコンを構成している部品のほとんどは、現在では 専業のメーカーが製造しています。

そうしたことから パソコンの生産は、各メーカーから部品を調達して 流れ作業で組み立てていることが多いです。

そして 輸送の手間を省くため、工業団地のような形で 部品工場とパソコン生産工場が近接して建設されているところも少なくありません。

また、多くの場合、中国や東南アジアといった 人件費の安い国や地域で生産しています。

日本でも こうした傾向がみられ、国内で生産している工場は数えるほどしかありません。

さて、国内のパソコン生産工場で 唯一東京にあるのが、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の昭島工場です。

この工場では主に、顧客の注文を受けてから生産を行う 受注生産を行っています。

都内という立地条件を生かして、注文からわずか5日間での納品を実現しています。

法人向けの需要が特に高く、オフィス向けのパソコンの設定やソフトウェアのインストールなど 細かなカスタマイズにも対応しています。