今、ノートPCってどんなのが人気なのか?

ノートパソコンを購入する際、気になるのはどれを購入すればいいのか
失敗したくないという気持ちが強くなるものです。
何故ならノートパソコンはデスクトップに比べると拡張性に限界があるので、
できるだけ長く使えるものを選ぼうという意識が働くためです。

そこで2020年11月現在で人気のノートパソコンはどういったものか、
人気売れ筋ランキングなどを元に調べてみました。

まずランキング上位5機種は価格が4万円~6万円の間となっていて、
メーカーはDell、NEC、HPの3社で占められています。
CPUは4機種がRyzen5を採用しており、ストレージはSSDが主流です。

次にランキング6位~10位は価格が10万円前後となっており、
上位5機種に比べるとスペック的に高くなっています。
メーカーはHP、Lenovo、NEC、Dell、マウスコンピュータで
あまり偏りはありません。

これらのことから人気上位機種はスペック的に1世代前で、
価格は5万円前後となっていることからコスパ優先で選んでいる事が分かります。
つまり最近のノートパソコンは昔のように高スペックを求められておらず、
そこそこの価格帯が選ばれていると言えるでしょう。

人によっては10万円を超えるものを選んでいるようですが、
それでも10万円を大きく超えるものは上位に上がってきていないので、
スペック重視とも言えないでしょう。

このことからノートパソコン選ぶポイントとしては、定量スペック的なものが
ベターだと言えそうです。

「昨日までは大丈夫だったのに」パソコンが急に遅くなる原因

「昨日までは大丈夫だったのに」
「特に何か変なことをした覚えはないのに」

なんでか急にパソコンの動きが遅くなってしまう原因は何なのでしょうか?
原因を特定するために次の手順を試してみましょう。

①とりあえず再起動してみる
最初にしてみるのは再起動です。
一度シャットダウンすることで起動中のプロセスを終了させることができます。

②システムの稼働状況をチェック
タスクマネージャーを立ち上げ、システムの稼働状況を確かめてみましょう。
どのアプリケーションがメモリを食っているのか分かります。
「応答なし」になっているアプリケーションがあったら「タスクの終了」を押して完了しましょう。

③ウイルスソフトを起動させる
パソコンがマルウェアやウイルスに感染しているかもしれません。
ウイルス対策ソフトを立ち上げて走らせましょう。
Windows10ならWindows Defenderで大丈夫です。
それ以外のバージョンの場合、有料のウイルスソフトではなくても
キングソフト、アバストなど無料ソフトがあるので試してみて下さい。

④スタートアッププログラムを停止しよう
パソコンを立ち上げる時に自動で立ち上がるプログラムを「スタートアッププログラム」といいます。
複数のプログラムが立ち上がるとパソコンのメモリを消費するので動作が遅くなってしまいます。
不要なものがあれば無効化してください。

⑤Windowsをアップデート
しばらくWindowsのアップデートを行っていない場合は、最新バージョンにアップデートしましょう。

⑥使っていないプログラムはアインストール
長期間にわたって同じパソコンを使っていると現在は不要なプログラムが多数インストールされていきます。
以前インストールしたけれど、現在は使わなくなったというものはコントロールパネルからアインストールしましょう。