パソコンのハードディスクの寿命ってどれくらい?

パソコンの命ともいうべきハードディスクですが、
その寿命はどの程度なのでしょうか?
デスクトップ、ノートパソコンで多少の違いはあるようですが、
一般的なハードディスクの寿命について見てみましょう。

ハードディスクにはHDDとSSDがあります。
前者は物理的にディスクに情報を書き込むタイプのもので、
後者はメモリタイプの記憶装置で読み書きが非常に速い特徴があります。

HDDの寿命としては用途にもよりますが、3年~5年の間とみればいいでしょう
ホコリが少なく振動もほとんどない場所で使用している分には、
10年近くたってもHDDが壊れないこともあります。
しかし5年ほど経過すると、いつクラッシュしてもおかしくないと考えてください。

SSDは当初、HDDよりも寿命が短いとされていましたが、実際にはそんなことはなく
10年程度は問題なく稼働するようです。
動画や大きなデータを毎日大量に書き込みしなければ、HDDでもSSDでも
長持ちさせることはできます。

問題はどちらのタイプにしても、壊れるときはある日突然来るということです。
急に動かなくなるのが壊れた際の特徴ですが、ダメージが大きいのは
保存していたデータが全て消えてなくなってしまうことです。

ハードディスクが寿命を迎える時期に関係なく、定期的にデータの
バックアップを取っておくことをお勧めします。
また、パソコンは3年ほど経過するとスペック的に劣ってしまいます、
そのため、3年~5年を目安に買い替えることも視野に入れておくといいでしょう。
そうすれば新しいハードディスクになりますし、旧パソコンはセカンドPCとして
使うことができます。

古くなったPCの使い道を調査してみた結果…

古くなって使わなくなったパソコン、そのまま捨てるなんて
もったいない!古くなったパソコンでも立派な使い道があります。
少しの手間をかけるだけで再利用できます、どのような使い道があるか
見てみましょう、是非試してみてください。

■DVD、CDプレーヤーとして使う

インターネットに接続しないスタンドアロン状態にして、
DVDやCDプレーヤーとして使うことができます。
デスクトップは場所を取ってしまいますが、ノートであれば
それ程邪魔にはならないでしょう。

■ファイルサーバにする

インターネットには接続しないけれど、ホームネットワークにつなぎ
ファイルサーバとして活用できます。

まずFreeNAS ISO ImageをダウンロードしてCDにコピーします。
不要になったパソコンに作成したCDを入れて起動、
FreeNASのインストールを行って、表示されるIPアドレスをメモします。

メインとなるパソコンのブラウザからメモしたIPアドレスを
入力してユーザー、パスワードを入力すれば、
ファイルサーバへログインできます。
容量がそこそこあれば、ファイルサーバとして活用できるでしょう。

■外付けHDDにする

古くなったパソコンのHDDが生きているのであれば、
HDDを取り出してコンパクトな外付けHDDにすることができます。

まず使わなくなったHDDを初期化し、パソコンからHDDを取り出します。
HDDの種類IDEまたはSATAに対応したハードドライブ用の箱を購入し、
取り外したHDDをケースに入れてコネクターを箱に接続します。
箱はUSBで外部接続できるものを選びましょう、
あとはメインとなるパソコンからUSBで接続すれば外付けHDDとなります。

上記以外にもフォトフレームにしたり、Wi-Fiのブリッジ端末にするなど
古くなったパソコンでも使い道はたくさんあります。
使わなくなったからと言って、すぐに廃棄するのはもったいないので
再利用の道を考えてみてはどうでしょうか。