PCのキーボードが打ちづらい?あなたにピッタリのキーボードの選び方

PCのキーボードが打ちづらいと、ストレスがたまります。
打ち間違いが多くなってしまうと、書類仕事もスムーズに進みません。
もし、今使っているキーボードが合わないと感じているなら
自分に合うキーボードに買い替えた方が良いかもしれません。

しかし、再び合わないキーボードを選んでしまっては意味がありません。
自分に合うキーボードは、どう選べば良いのでしょうか?

①キーピッチをチェックする
一般的なキーボードのサイズはキーの中心から隣のキーの中心までが
19mm前後となっています。
コンパクトなキーボードの場合は、このキーピッチが狭くなっています。
フルサイズのキーピッチに慣れていると、打ちにくくなるので注意しましょう。

②タイピングの感覚で選ぶ
リーズナブルな価格で購入できるのがメンブレン方式と言われるタイプです。
デスクトップパソコンのキーボードはメンブレン式が多く採用されています。
キーの一つ一つに高さのあるタイプのキーボードです。
安く購入できる一方で反発が強いので、長時間使用していると疲れてしまいます。

対して薄型で打ちやすいのがノートパソコンなどに採用されている
パンダグラフ方式のキーボードです。
浅く打てるので力を入れなくてもタイピングができ、長時間の作業に剥いています。

③テンキーの有無
数字を入力する作業が多い方はテンキー付きにタイプが便利です。
電卓感覚で数字の入力ができます。

④その他
長時間タイピングをする方など、疲れを考えるのであれば
自然な姿勢で操作できる人間工学キーボードを選ぶのがおすすめです。
手首や肩の負担を軽減することができます。

また、長持ちするものがほしいのであれば、メカニカルキーボードと呼ばれるものがおすすめです。
キーの高さが高いのはメンブレン方式と同じですが、内部に金属製スプリングが使用されているため
軽量で爽快にタイピングを行うことができます。

人気のセキュリティソフト比較、ウイルスバスター VS ノートン

パソコンをつかうなら必ず導入したいのがセキュリティソフトです。
ネット上には悪意をもって作成されたサイトや、ウイルスを拡散してやろうと
送信されてくるメールなどがあります。
それらに接してしまうとパソコンが壊れてしまう原因となります。
更に怖いのが個人情報が盗まれてしまう危険性です。
あなたのクレジットカードの情報などが盗まれてしまうと悪用されてしまいます。
パソコンを利用するならウイルス対策は必須なのです。

ウイルス対策として日本で人気が高いのがウイルスバスターとノートンのふたつです。
他にも無料ソフトなどもありますが何を選べばいいか分からないという場合は
ウイルスバスターかノートンのどちらかを選んでおけば間違いないでしょう。

では、どちらを選べばいいのか?
どちらを選んでもウイルスは問題なく駆除されるのですが
その他の項目でより詳しく見ていくと、あなたに合う方が分かります。

動作の軽さ:ノートン
サポート体制:ウイルスバスター
費用:1台ならノートン 3台以上ならウイルスバスター

ウイルスバスターは操作画面がわかりやすく、サポート体制がしっかりしています。
分からないこと、不安なことがあってもサポートセンターが毎日開かれているので安心です。
またウイルスバスターには脆弱性対策機能がついており脆弱性の有無を検知することができます。
初心者の方はウイルスバスターを選ぶと良いでしょう。

一方ノートンは動作が非常に軽く費用が比較的安く抑えられます。
ある程度パソコンに慣れている人なら問題なく利用できます。