マイクロソフトのSurface3は”買い”か?

マイクロソフトからタブレット端末のSurface3が2015年6月に
発売されました。
価格は一般向けが8万1800円となっており、LTEモデルのみとなっています。
回線契約はソフトバンクになっています。
Surface3の特徴はOSがWindows8.1を搭載していることと、
CPUが最新のIntelAtomX7を使用していることです。
OSがWindowsとなっているので普通のパソコンと同じように使えます。
また、Windows10へのアップグレードにも対応可能となってます。
Surface2との決定的な違いはOSがWindowsであることで、
一般的なWindows用ソフトを使える点です。
一般向けはLTEモデルのみとなっているので回線事業者である
ソフトバンクを契約しなければなりません。
法人向けにはWi-Fiモデルも発売されています。
将来的には一般向けにもWi-Fiモデルが出るのではと考えられます。
買うべきかどうかですが、タブレットとしては同世代端末との比較になります。
マイクロソフトから発売されている端末になるので、
他の機種に比べると使いやすさなどは最適化されているのではないかと
予想できますが、Wi-Fiモデルがまだ出ていないので、
月額費用を払いたくない人はしばらく様子を見たほうがいいでしょう。
いずれにしてもタブレットでありながらパソコンと同じである
というのが最大の特徴となっています。

アイフォンで特定の文字列をメール送信するとクラッシュするらしい

アイフォンで特定の文字列をメールで受信すると、
クラッシュして強制的に再起動がかかるようです。
その特定文字とは英語やアラビア語などのいくつかの組み合わせで
起こることが確認されています。
iOS8.3などが対象のOSになっているようです。
英文字の場合は「effective~」から始まる特定の文字列で、
これを受信すると直後にクラッシュします。
アイフォンそのものは再起動しますが、メッセージアプリを開いても
真っ白のままとなってしまいます。
しかしメッセージアプリが使えないままになるわけではありません。
メッセージアプリを強制終了させることで再び使えるようになります。
ただ、この問題は特定の文字でのみ発生しますので、
日常的に日本語を使っている我々にとっては大きな問題にはなりませんし、
むやみに誰かに試しで送りつけるといったことは辞めておきましょう。
アイフォンそのものが壊れることはありませんが
どのような弊害があるかもしれませんのでイタズラはNGです。
Appleはこの問題を把握していて、近いうちにアップデートを行い
対処するとしています。
しかし、よくこんな問題を見つけたものですね。
気を付けたいのは知らない人からのメールを安易に開封しないことです。