アイフォンで特定の文字列をメール送信するとクラッシュするらしい

アイフォンで特定の文字列をメールで受信すると、
クラッシュして強制的に再起動がかかるようです。
その特定文字とは英語やアラビア語などのいくつかの組み合わせで
起こることが確認されています。
iOS8.3などが対象のOSになっているようです。
英文字の場合は「effective~」から始まる特定の文字列で、
これを受信すると直後にクラッシュします。
アイフォンそのものは再起動しますが、メッセージアプリを開いても
真っ白のままとなってしまいます。
しかしメッセージアプリが使えないままになるわけではありません。
メッセージアプリを強制終了させることで再び使えるようになります。
ただ、この問題は特定の文字でのみ発生しますので、
日常的に日本語を使っている我々にとっては大きな問題にはなりませんし、
むやみに誰かに試しで送りつけるといったことは辞めておきましょう。
アイフォンそのものが壊れることはありませんが
どのような弊害があるかもしれませんのでイタズラはNGです。
Appleはこの問題を把握していて、近いうちにアップデートを行い
対処するとしています。
しかし、よくこんな問題を見つけたものですね。
気を付けたいのは知らない人からのメールを安易に開封しないことです。

アップルウォッチ 日本発売開始

アップルウォッチが日本で発売開始されました。
かなりの数が予約販売されたようです。
メールが使えたりSNSと連動したりと便利に使えるということですが、
充電した直後は発熱していて熱くて腕に装着できなかったり
落下させてしまい液晶部分が割れてしまったなどの報告もあるようです。
熱すぎて装着できない問題への対処としては、
バンドを外してポケットに入れて使うというような
本末転倒な方法も紹介されておりネタ扱いとなってしまってます。
それってiPhoneと何が違うの?って思いますよね。
個人的に購入はしていませんが、使いどころがいまいちわかりません。
あと、iPadなどのiOSを8.2にアップデートすると、
削除できないアップルウォッチアプリが自動で追加されるようです。
用意周到というか押しつけがましいというか、言葉を失いますね。
アップルウォッチでできることの大半はiPhoneでできてしまいますので、
その点は注意したほうがいいでしょう。
逆にアップルウォッチを電話として活用するためには、iPhoneがないと
機能しませんので何とも中途半端といった印象がぬぐえません。
まだ発売されて間がないので今後のモデルチェンジに期待でしょうか。
発売前から騒がれていて、それってどうなの?って思ってましたが
案の定、様子見で問題はなさそうですね。
何にせよ、今までにないデバイスなので今後に注目したいところです。