HDDとSSDの違い。

パソコンに搭載されているストレージには、HDDとSSDの2種類があります。
今回は、その違いについて紹介したいと思います。

【HDDとは】
HDDはHardDiskDriveの頭文字をとったもので、パソコンが誕生した初期のころから
データ保存などに使われており、大容量のデータを扱うのに適した保存形式で
現在でも広く普及しています。

最大容量が多く価格が安いことがHDDの特徴ですが、衝撃に弱く
故障リスクが高いことがデメリットとなります。
また、複数の場所に保存されたデータの取り出しが非常に遅いこともあります。
動作音、振動も発生します。

【SSDとは】
SSDはSolidStateDriveの頭文字をとったもので、HDDと同じようにデータ保存などの
記憶装置として使用される機器です。
SSDの特徴はUSBメモリと同じように内臓しているメモリチップ上にデータを
書き込んだり読み出したりするため、HDDに比べると高速で読み書きができます。

衝撃による故障リスクが少なく、動作音は非常に静かです。
サイズが小さく軽いため、パソコンの軽量化に繋がるだけでなく
形状をあまり選ばないのでスティック型など自由度の高いデザインが可能です。
ただ、HDDと比べると最大容量が少なかったり、大容量になると容量単価が
高くなる傾向にあります。

【HDDとSSDのどちらがいいのか】
どちらにもメリットとデメリットがありますので、一概にどちらが良いとは言えません。
しかし、現在はSSDを搭載しているパソコンが増えてきており、HDDと併用するケースもあります。
高速な読み書きが必要な場合は、SSDを選択するなど用途に応じた選択と
予算との兼ね合いで選択するべきでしょう。

パソコンを初期化したらどうなる?ソフトはすべて消えるのか?

パソコンを初期化すると基本的にすべてのデータは消去されると考えてください。
メーカー製のパソコンの場合、出荷時に戻るのが一般的です。
ですから、出荷時にインストールされているソフトは消えませんが
跡から追加したソフトや保存したデータは消えてしまいます。

間違って初期化することは無いと思いますが、初期化する場合には
有料ソフトのインストール媒体やプロダクトコードは別で保管しておきましょう。
そうすれば、初期化しても再インストールできます。
中には初期化したことを通知してから、再インストールするという
手順が必要になるソフトもありますので注意しましょう。

なお、初期化されると基本的には全てリセットされますが、
パソコンのメモリ上には一定の情報が残されているので、
専用のソフトを使用すると消えたデータやソフトの情報も復活させることができます。
全てのデータを完全復活できるわけではないですが、初期化ではなく
間違ってデータを消してしまった場合などは、ソフトを使うことで
復活できる可能性は残っています。

パソコンを捨てたいから初期化するという人も中に入るようですが、
物理的にパソコンを破壊するほうが個人情報保護という点からすれば、
正しい破棄方法と言えるでしょう。

業者に依頼すれば、安全にパソコンのデータを破壊してくれますが、
どこから情報が流出するかわからない世の中なので、自分で確実に
処分するほうが安心できるかもしれません。