SSDとHDDの違いとメリット・デメリットまとめ

パソコンのストレージ規格にはSSDとHDDの2種類があります。
SSD、HDDそれぞれの違いとメリット、デメリットについてまとめてみました。

■SSDとHDDの違い

HDDはハードディスクドライブの頭文字で、記憶領域が円盤になっていて
それを高速回転させて磁気ヘッドで読み込んだり、書き込んだりします。
物理的に情報を書き込みに行くのが、HDDだと思ってください。

SSDはソリッドステートドライブの頭文字で、記憶装置としてはHDDと同じですが
装置そのものが半導体素子メモリで構成されていて、情報の読み書きを
電気的に行うことができます。
このように記憶装置としては同じですが、その記憶領域の構成が異なります。

■SSDのメリット、デメリット

SSDのメリットは衝撃や熱に強く、アクセス速度が速く、発熱がありません。
さらに消費電力が少なく、動作音が無いのなどがあります。
HDDのように物理的に磁気ヘッドが動いて情報をやり取りしないので、
音、熱などが発生せず衝撃に強い特徴があります。

デメリットは容量がHDDに比べると少なく、価格が高いこと。
さらに寿命が短く、電気的な影響に弱いことが挙げられます。

■HDDのメリット、デメリット

HDDのメリットは記憶領域が大きい、価格が非常に安い、寿命が長く長期保存に適している
といったことがあります。
数テラバイトの容量を持つHDDが当たり前のように売られるようになっており、
大容量化がどんどん進んでいます。
またSSDに比べると価格が非常に安価であるのもメリットのひとつです。

デメリットとしては衝撃や熱に弱く、磁気ヘッダで情報をやり取りするので
回転音が起こることと、熱を発しつつ消費電力が高いことが挙げられます。

■総評

どちらがよいかは一長一短なので断言することはできませんが、今後の主流としては
SSDになっていくと思われます。
ただHDDがすぐになくなるわけではなく、大容量、安価というメリットは
今後も様々な用途で使用され続けることでしょう。

【パソコン壊れた】修理に出すべきか買い換えるべきか悩む。

パソコンが壊れた場合、修理に出すべきか買い換えるべきか
どちらにするか悩むケースが多いと思います。
ケースバイケースですが、一般的にどうすべきか見てみましょう。

■修理金額で判断する
故障しても修理金額が僅かだったり、保証期間中であれば修理に出すべきです。
しかし本体価格と比べて50%以上かかる場合などは修理するよりも、
買い替えしたほうが良いかもしれません。

■データの重要性で判断する
例えば内部のデータが重要で取り出したい場合などは、修理することで
取り出せることもあります。
逆に修理することでデータが消えてしまうケースもあるので、注意ですが
データの重要性が高ければ修理金額が高額でも修理に出してみるべきです。

ただし、修理という方法以外でもデータを取り出すことはできますので、
必ずしも修理が必要とは限りません。

■使用年数で判断する
使用年数が5年を超えていたり、近い場合は修理するよりも
買い替えしたほうが良いでしょう。
年数が経過すればするほど、修理金額が高くなってしまうケースが多いことと
修理に出してもその先の製品寿命が短いのであれば、買い替えすべきです。

■総評
このように修理金額、データ、使用年数などを考慮して判断するべきです。
そもそもパソコンはいつ故障してもおかしくない精密機器ですから、
故障に備えて定期的にバックアップを取っておくなど、データ保護をしておきましょう。