なんか悪いイメージ。マカフィーのウイルスソフトの評判

ウィルス対策ソフトは色々ありますが、有名なソフトの1つにマカフィーがあります。
このマカフィーは他のウィルスソフトよりも安価で導入することができますし、
購入したパソコンに最初からインストールされていることも多々あります。

しかしマカフィーは何故か悪いイメージが定着しているソフトとも言われています、
その理由について見てみましょう。

■バグが多い?
有害サイトをブロックする機能は一般的ですが、マカフィーの場合は
有害でない無害サイトまでもブロックしてしまうことがあります。
また、ファイアーウォールを有効化しているはずか、いつのまにか無効化され
パソコンが外部からのリスクにさらされる状態となっている。

■アンインストールできない?
場合によってはアンインストールできないことがあるようです。
アンインストールできないソフトは他にもありますが、ウィルスソフトで
これをされると少し厳しい気がします。

■CPU使用率が高い、更新頻度が高い
昔のウィルスソフトはCPUの使用率が高かったのですが、最近は改善されています。
しかしマカフィーは現時点でもCPU使用率が高いことが多く、他の作業に
支障がでてしまうことがあるようです。
また。ソフトの更新頻度が高くそのたびに再起動させられるといったこともあります。
マカフィーそのものがウィルスであると言われる所以はこの当たりかもしれません。

■電話対応が悪い
何かあったときに電話で対応してもらおうと思っても、窓口が複数あって
フォームに内容を入力しないと電話番号が表示されないという仕組みのようです。
また、電話をかけても待ち時間が長く、待っている間も通話料金が発生するなど
ユーザーの方向を向いていないという指摘も多くあります。

ネットでエッチなサイトを見たらウイルスに感染。自分でできる対処法。

ネットでエッチなサイトを見ていたらいきなり「ウィルスに感染しています!」
といったようなメッセージが出てきた!という経験をした人もいると思います。
スマホ、パソコンに関係なくウィルス感染を示す警告が表示されることがあります、
そんな時に自分でできる対処法について見てみましょう。

■ポップアップや画面上での警告は大嘘
「ウィルスに感染しました」
「パソコンに致命的なエラーが発生しました」
「マイクロソフトから提供されているソフトをインストールしてください」
といったポップアップや画面上に表示される警告は全て大嘘なので、
無視して問題ありません。

そういった画面が表示された場合は、ソフトのダウンロードなどは絶対にせず
画面を閉じるようにしましょう。
複数画面が何度も起動する場合は、ブラウザを強制終了して構いません。
場合によってはマシンを再起動することも対処法の一つです。

■セキュリティソフトからの警告は無視できない
自分のスマホやパソコンにインストールしているセキュリティソフトが、
「○○に感染しました」
「○○という脅威を排除しました」
といったメッセージを表示した場合は誤作動でもなく嘘でもなく本当です。

セキュリティソフトが反応しているということは、駆除することが可能なケースが多く
駆除できなくても自動で隔離している可能性が高いです。
「駆除する」というボタンが表示されている場合は、その指示に従って駆除しましょう。

なお、セキュリティソフトの有効期限が切れていたり、インストールしていないのに
同じようなメッセージが出る場合は、セキュリティソフトの真似をしている悪質な広告なので、
絶対に「OK」「はい」「ダウンロードする」といったボタンを押さないようにしましょう。