初心者でも自作パソコンって作れる?

自作パソコンというとパソコン上級者しか作ることができない、
というイメージを持っている人が多いと思います。
初心者の自分になんて自作パソコンなんて作れるわけがないと思っていませんか?
自作パソコンはコツさえつかめば、初心者でも作ることができます。

パソコンはいくつかのパーツが組み合わさってできているので、
いうなればパーツ選びを間違えなければ後は組み立てれば完成です。
メインとなるパーツは以下の通りです、ノートパソコンの自作は無理ですが
デスクトップであれば可能です。

PCケース:パーツを格納する筐体で、大きさによって将来的な機能拡張を左右します。

マザーボード:パソコンを動かすための基本となる基盤で、このマザーボードに
CPUやメモリなどを組み立てていきます。

CPU:パソコンの命令を処理するチップで、性能が高くなれば処理速度が速くなります。

メモリ:処理データなどを一時的に格納する場所で、容量が大きいとフリーズしにくくなります。

光学ドライブ:ブルーレイ、DVDなどのディスクを読み込むパーツです。
ドライブの種類によって読み込み速度が異なります。

排気ファン:パソコン内部で発生する熱を外に排出するためのファンです。
ファンの能力が小さくなると熱暴走するリスクが高まります。

電源ユニット:各種パーツを動かすのに必要な電源ユニットです。
必要な電源容量に合わせて適切な電源ユニットを選ぶ必要があります。

このように情報を並べると、難しいと思うかもしれませんが実際二組多々てみると
それ程難しくありません。
失敗してしまうかも?と思わないで挑戦することがポイントです。

パソコン工房やドスパラのBTOパソコンって信頼性とか大丈夫?

パソコン工房やドスパラのようなショップ系BTOパソコンは、メーカー製に比べると
高性能で価格も安いというメリットがあります。
パソコンを自作するような人にはメーカー系よりも評判は良いようです。
では、一般的に見てショップ系BTOパソコンはメーカー製パソコンとはアフターケアなど
信頼性の面で不安があると言われてきました。
しかし最近はメーカー系パソコンと遜色ないレベルになっていると言われています。

アフターケアなどはショップによってまちまちなので一概には言えませんが、
パソコンの信頼性という意味では非常に安定しており高い水準にあるでしょう。
しかしパソコンのパーツに関する知識などが乏しい方にとっては、
逆にデメリットになることもあり得ます。
メーカー系パソコンで十分なのに、無駄に高性能なパーツでBTOしてしまうなど
目的に合っていないパソコンを購入してしまう可能性があるからです。

そういった場合は、パソコンに詳しい知り合いに相談してみるとか
ショップ店員にしっかりとニーズを伝えるようにしましょう。
また、ショップ系BTOパソコンだけでなくメーカー製パソコンとも比較するなど、
購入する側にも一定の努力は必要になります。

いずれにしてもショップ系BTOパソコンの信頼性は高いと言っていいです。
口コミ情報などを見ると悪い評判が出ていることもありますが、
口コミというのは悪い評判の方が目立つ傾向にあることも知っておきましょう。
購入して特に問題がなければ、口コミ情報を書き込む人の方が少ないからです。