メーカー系パソコンとBTO系パソコンの違い

メーカー系パソコンは一般的にイメージしやすいかと思います。
パソコンメーカーが販売しているものですが、似たようなものに
BTO系パソコンと呼ばれるものがあります。

BTOとはBuild To Orderの頭文字を取った略語で、受注生産という意味です。
ではどんな時に受注生産になるのでしょうか、自分で誰かに作って!と依頼する機会など
あまりイメージできないでしょう。

実はBTOもメーカー系パソコンの延長にあると言っても過言ではありません。
つまりパソコンを扱っているメーカーやショップのWeb通販サイトなどで購入する際に、
パソコンのパーツ構成をカスタマイズできる状態を受注生産と言います。

メモリやHDDの容量、CPUやGPUなどをせnyたく可能なパーツから選ぶことができます。
自分の要望に合わせてパソコンを注文するので、メーカー系パソコンに比べると
自由度がかなり高くなります。

1から全てのパーツを選択するのではなく、ある程度のパッケージとなっている
パソコンの性能を高めたり不要な機能をダウングレードすることが目的なので、
受注生産というよりはカスタマイズ生産に近いかもしれません。

パソコンメーカーでは、Lenovo、DELL、HP、NECなどがBTOに対応しているほか、
ショップではドスパラ、パソコン工房、TSUKUMOなどになります。
決められたスペックのメーカー系パソコンでは物足りないけど、
自作は大変だからという人にオススメです。

初心者でも自作パソコンって作れる?

自作パソコンというとパソコン上級者しか作ることができない、
というイメージを持っている人が多いと思います。
初心者の自分になんて自作パソコンなんて作れるわけがないと思っていませんか?
自作パソコンはコツさえつかめば、初心者でも作ることができます。

パソコンはいくつかのパーツが組み合わさってできているので、
いうなればパーツ選びを間違えなければ後は組み立てれば完成です。
メインとなるパーツは以下の通りです、ノートパソコンの自作は無理ですが
デスクトップであれば可能です。

PCケース:パーツを格納する筐体で、大きさによって将来的な機能拡張を左右します。

マザーボード:パソコンを動かすための基本となる基盤で、このマザーボードに
CPUやメモリなどを組み立てていきます。

CPU:パソコンの命令を処理するチップで、性能が高くなれば処理速度が速くなります。

メモリ:処理データなどを一時的に格納する場所で、容量が大きいとフリーズしにくくなります。

光学ドライブ:ブルーレイ、DVDなどのディスクを読み込むパーツです。
ドライブの種類によって読み込み速度が異なります。

排気ファン:パソコン内部で発生する熱を外に排出するためのファンです。
ファンの能力が小さくなると熱暴走するリスクが高まります。

電源ユニット:各種パーツを動かすのに必要な電源ユニットです。
必要な電源容量に合わせて適切な電源ユニットを選ぶ必要があります。

このように情報を並べると、難しいと思うかもしれませんが実際二組多々てみると
それ程難しくありません。
失敗してしまうかも?と思わないで挑戦することがポイントです。