古くなったPCの使い道を調査してみた結果…

古くなって使わなくなったパソコン、そのまま捨てるなんて
もったいない!古くなったパソコンでも立派な使い道があります。
少しの手間をかけるだけで再利用できます、どのような使い道があるか
見てみましょう、是非試してみてください。

■DVD、CDプレーヤーとして使う

インターネットに接続しないスタンドアロン状態にして、
DVDやCDプレーヤーとして使うことができます。
デスクトップは場所を取ってしまいますが、ノートであれば
それ程邪魔にはならないでしょう。

■ファイルサーバにする

インターネットには接続しないけれど、ホームネットワークにつなぎ
ファイルサーバとして活用できます。

まずFreeNAS ISO ImageをダウンロードしてCDにコピーします。
不要になったパソコンに作成したCDを入れて起動、
FreeNASのインストールを行って、表示されるIPアドレスをメモします。

メインとなるパソコンのブラウザからメモしたIPアドレスを
入力してユーザー、パスワードを入力すれば、
ファイルサーバへログインできます。
容量がそこそこあれば、ファイルサーバとして活用できるでしょう。

■外付けHDDにする

古くなったパソコンのHDDが生きているのであれば、
HDDを取り出してコンパクトな外付けHDDにすることができます。

まず使わなくなったHDDを初期化し、パソコンからHDDを取り出します。
HDDの種類IDEまたはSATAに対応したハードドライブ用の箱を購入し、
取り外したHDDをケースに入れてコネクターを箱に接続します。
箱はUSBで外部接続できるものを選びましょう、
あとはメインとなるパソコンからUSBで接続すれば外付けHDDとなります。

上記以外にもフォトフレームにしたり、Wi-Fiのブリッジ端末にするなど
古くなったパソコンでも使い道はたくさんあります。
使わなくなったからと言って、すぐに廃棄するのはもったいないので
再利用の道を考えてみてはどうでしょうか。

目障りなネット広告を非表示にする方法ってあるの?

インターネットを利用していると、高確率で目障りな
ネット広告に出くわすことがあるでしょう。
それらのネット広告は消そうと思っても、なかなか消えてくれなかったり
間違ってクリックすると別画面が起動するなど非常に厄介です。
そんな厄介者のネット広告を非表示にする方法を見てみましょう。

■Chromeの場合

Chromeにはいくつかの拡張機能があって、広告を非表示にする
拡張機能もあります。

中でもAdBlockは広告ブロック拡張機能が非常に優秀で、
知名度も高いツールです。
多く広告はこのツールを使うことでブロックできるので、
Chromeを使用している人はAdBlockをオススメします。

■InternetExplorerの場合

InternetExplorerには基本設定で広告をブロックできます。
設定マーク>インターネットオプションを開きます。
プライバシータブを開いて、設定の詳細設定をクリック
ポップアップブロックを有効にして設定をクリックしましょう。
ブロックのレベルは「高」にすれば、多くの広告をブロックできます。

他にもInternetExplorerは個人用追跡防止リストなど、
広告配信サイト単位でブロックする機能もあります。
設定方法はインターネットオプション画面のプログラムタブから、
アドオンの管理をクリックし、アドオンの管理画面を開きます。

アドオンの種類から「追跡防止」として、個人用リストをクリックして
個人用リストを有効にして設定をクリックすれば設定完了です。